突き指とは?

「ボール 指 捻挫イラスト 無料」の画像検索結果

「突き指とは」の画像検索結果

指先にボールが当たったり突いたりした事で、 関節が過度伸展、屈曲され生ずるケガになります。指の節(ふし)の靱帯(じんたい)損傷や打撲のほか、場合によっては骨折、脱臼(だっきゅう)、腱(けん)断裂などを引き起こします。

さいとう接骨院を受診された患者様

中学2年生のAさんはバスケットボール競技の試合中にパスカットした際、 指先にボールが当たり、痛みで指を曲げられなくなり途中退場となりました。
その場でアイシングして様子をみましたが、だんだん腫れと内出血が出現したため近くの整形外科でレントゲンをとり、骨に異常なしと言われ安静にするようとの事でした。大事な大会が近いためなんとか早期に回復させたいとの事で当院に転院されました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、レンタルコルセットを約2週間使用していただき炎症が和らげ、後にリハビリを約1週間行い完治となりました。
無事に大会に出場し活躍されました。

小学5年生のA君はバスケットボール競技の試合中にパスカットした際、 指先にボールが当たったり、痛みで指を曲げられなくなり途中退場となりました。
その場でアイシングして様子をみましたが、だんだん腫れと内出血が出現したため当院を受診されました。
小指に骨折の疑いがあり整形外科でレントゲンをお願いしたところ、小指の骨折が認められギプス固定となりました。
後は、整形外科でしっかり治療からリハビリをされて完治となりました。

青森市さいとう接骨院での突き指の施術法 は?

青森市さいとう接骨院では突き指に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、アイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

突き指でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357

所在地 青森市松森1-5-2