野球選手の皆様
このようなお悩みはありませんか?


・投球するとに肩が痛む
・肩が痛くてあがらない
・肩甲骨付近に痛みがある
・ひじの内側やうしろに痛みがある
・部活や練習でボールを指で突いてしまった
・投球時に手首が痛い
・つき指がなかなか治らない
・バッティンすると腰がいたい

・股関節が痛い
・走ったり、ジャンプするとひざが痛い
・ 足首をひねってしまい痛い 
・ 何度も足首をひねるくせがある 
・足の裏と踵が痛い
・つま先やかかとをあげるとアキレス腱が突っ張る、痛む
・練習後、アキレス腱とかかとの骨に痛みがある
・足の甲が痛い 
・筋肉のハリや肉離れを早期に治した

野球選手がケガを引き起こす原因は?

内的要因

筋力不足や筋柔軟性低下、関節の不安定性、基礎体力不足、障害歴、その他、アライメント異常として内反膝(O脚)、外反膝(X脚)、偏平足、ハイアーチ(土踏まずが高いこと)などが挙げられます。

外的要因

何百回・何千回と繰り返す投球やバッティングによる、小さな外力が積み重なる事でケガや痛みの原因となります。

これらの要因のうち、一つの要因だけで障害を引き起こすのではなく、様々な要因が重なり、それが障害という形になってあらわれると考えられます。
ここでは野球選手に多いケガの部位別と症病名をまとめています

ここでは野球選手に多いケガの部位別と症病名をまとめています

ひじ

内側側副靭帯損傷

前腕屈筋群損傷

肘頭疲労骨折

リトルリーグ肘(リトルリーガーズ・エルボー)

上腕骨内側上顆剥離骨折

尺骨神経麻痺

ひじ離断性骨軟骨炎(OCD)

腱板炎、腱板損傷(腱板:インナーマッスル)

上腕二頭筋腱炎

肩峰下インピンジメント症候群

肩関節唇損傷(スラップ・リージョン)

上腕骨近位骨端線損傷(リトルリーグ肩)
広背筋症候群

ルーズショルダー
胸郭出口症候群腰

筋筋膜性腰痛

椎間関節性腰痛

椎間板性腰痛

仙腸関節性腰痛

腰椎椎間板ヘルニア
腰椎分離症

ひざ


ランナーズニー
オスグット
前十字靭帯損傷(ACL)
半月板損傷

アキレス腱炎
足関節ねんざ