オスグッド病とは?

「オスグッド」の画像検索結果

成長期は骨の成長に筋や腱がついていけず、結果的に大腿四頭筋の柔軟性低下(いわゆる太ものの筋肉が硬い)を引き起こします。 その状態でジャンプ動作や膝屈伸動作を行うと、脛骨結節部が強く引っ張られ、同部がはがれたり炎症を起こしたりして痛みが発生します。小中学生男子に多い膝のオーバーユースによる成長期スポーツ障害の代表疾患です。脛骨粗面に骨の隆起を認め、その付近に強い圧痛があり、運動後に熱感や腫れが生じます。ジャンプ、ダッシュの痛みでジャンプ力が低下したり、タイムが低下したりするなど、スポーツ能力の低下に直結します。

さいとう接骨院を受診された患者様

中学3年生のA君は以前からサッカーの練習後に膝下に痛みが生じていました。最近は就寝中や正座をしても痛みが生じてきたため練習を見学することにし、整形外科を受診され、オスグッド病と診断され治療をうけましたが、なかなか痛みがとれず当院を受診されました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、オスグット用バンドを約2週間使用していただき炎症が和らげ、ストレッチとセルフマッサージを指導させていただき経過観察しました。
1ヶ月程で痛みが和らいできたので練習を再開していただきました。
しかし、オスグットは成長障害のため、また痛みが出現することをご理解していただきました

青森市さいとう接骨院でのオスグットの施術法は?

青森市さいとう接骨院ではオスグッド病に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、アイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

オスグッド病でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357

所在地 青森市松森1-5-2