グロインペイン症候群とは?

そけい部痛症候群とも言われるもので、脚(あし)の付け根に痛みが生じます

肩甲骨や、胸郭という胸や背骨、肋骨などで囲われた部分の可動性が悪化して引き起こされるもの。
足首や膝のケガのリハビリが不十分で、可動域制限がある中でトレーニングを再開してしまったもの。
お尻の筋肉の筋力不足により、鼠径部にストレスがかかるもの。

何本も連続でシュート練習したりオーバーワークしたもの。
複合的な要因が絡み合い発症するグロインペイン症候群だけに、他にも発症する要因は存在するといえます。

多くの場合は1,2か月の期間に改善されるのですが、中にはこの痛みが数か月以上続いてしまうことがあります。

脚の付け根にある骨(恥骨)の周辺に、いくつかの筋肉が付着しておりその付着部に炎症が起きていることが指摘されています。

無理にプレーを続けると、痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。

さいとう接骨院を訪れた患者例

例1)高校1年生のFさんはサッカー選手です。大会が近くフリーキックの練習をしていました。最後の1本を蹴った際に股関節全面に痛みが出現し練習を中止して当院を受診しました。症状は股関節全面に圧痛と熱感、股関節を伸展すると痛みが出現。アイシングとレンタルサポーターを貸出してしばらくダッシュは中止してもらいました。一週間程で痛みが緩和しそれから超音波、ハイボルテージを施術し、約2週間で痛みがなくなり競技に復帰しました。

例2高校2年生のA君はサッカーの練習中にシュート練習をしていた際に股関節に痛みが出てきました。次第に体重をかけるだけで痛みが強くなり練習できなくなり当院に受診しました。症状は股関節を深く屈曲すると痛みがありましたので、マイクロカレントを貸出し1週間ほど経過観察したら、痛みが緩和してきたので無理のない範囲で練習参加してもらいました。足首が完治したのと同時に股関節の痛みも消失しました。

青森市さいとう接骨院でのグロインペイン症候群の施術法

青森市さいとう接骨院ではグロインペイン症候群に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。グロインペイン症候群でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください!

お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院
電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2