上腕二頭筋長頭腱炎とは?

「上腕二頭筋長頭腱炎」の画像検索結果

上腕二頭筋は腕の力こぶをつくる筋です。
上腕二頭筋は長頭と短頭に分かれており、長頭の方に炎症が起きたのが上腕二頭筋長頭腱炎です。
上腕二頭筋長頭腱は上腕骨の結節間溝というところを通ります。
この部位に強い負荷(繰り返しの投球や、無理な体勢での投球)が加わると摩擦による炎症を起こし、痛みを誘発することが多いため、肩関節前面に痛みを訴えることが多くなります。

「上腕二頭筋長頭腱炎」の画像検索結果

さいとう接骨院を訪れた患者例

高校1年生のAさんはハンドボール選手で、大会が近く毎日ハードな練習をしていました。約2日前から投球したり、ドアノブを回すと右肩前面に痛みがあり練習を中止し当院を受診されました。
右肩前面に熱感と運動痛があったためしばらく運動を中止していただき、超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、レンタルコルセットを約2週間使用していただき炎症を和らげ、ゴムチューブでインナーマッスルの強化、ストレッチ指導をさせていただき経過観察しました。その後は運動痛もなくなり完治となりました。

高校2年生のBさんはハンドボール選手で、大会が近く毎日ハードな練習をしていました。シュート練習中に肩前面に痛みが生じたため練習を中止し当院を受診されました。
右肩前面に熱感と手首を回旋すると肩に痛みが生じました。しばらく運動を中止していただき、超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、テーピング、レンタルコルセットを約2週間使用していただき炎症を和らげ、ゴムチューブでインナーマッスルの強化、ストレッチ指導をさせていただき経過観察しました。その後は運動痛もなくなり完治となりました。

上腕二頭筋長頭腱炎の施術法は?


青森市さいとう接骨院では上腕二頭筋長頭腱炎に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

上腕二頭筋長頭腱炎 でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357

所在地 青森市松森1-5-2