「側副靭帯損傷」の画像検索結果

ひざ関節側副靱帯は、以下2つのじん帯が膝の左右のグラつきを抑え、関節を安定的にコントロールしています。

  • 内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)
  • 外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)

ひざの側副靱帯損傷は、急速にストップやターンを繰り返すスポーツや衝突の激しいスポーツ(コンタクトスポーツ)などを行うときに起こり、外反強制により内側側副靭帯が、内反強制により外側側副靭帯が損傷し、最も頻度が高いのは内側側副靭帯損傷です。外側側副靭帯を単独で損傷することは非常に稀です。

「側副靭帯損傷」の画像検索結果

さいとう接骨院を受診された患者様

中学2年生のAさんはバスケットボール競技の練習中、リバウントした際にバランスを崩した状態で片足着地し、ひざに痛みが出現しました。加重するとひざの内側に痛みがあり当院を受診しました。
ひざの内側に圧痛、熱感があり、膝関節の屈伸で膝内側に痛みがありました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、レンタルコルセットを約2週間使用していただき炎症を和らげ、その後は運動痛もなくなり完治となりました。

高校1年生のBさんはバスケットの試合中に味方のパスを受けターンした際に膝の内側に痛みが出現し、当院を受診しました。
しばらく練習を中止していただき、超音波とハイボルテージのコンビネーション施術で炎症を緩和させ、テーピング固定して1週間程で痛みが消失しました。
その後、運動痛もなく通常通りの練習に復帰しました。