「ジャンパー膝」の画像検索結果

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)とは名前が示すごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツに多くみられるます。
特に10代の男性に多く、大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果、その負担が末梢の膝蓋骨周辺に蓄積するためです。

「ジャンパー膝」の画像検索結果

ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に行うと、大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面に牽引力が加わり微細損傷を引き起こします。

さいとう接骨院を受診された患者様

中学1年生のA君はバスケットボール競技の練習中、急に止まったり、ジャンプからの着地、ダッシュをすると膝に痛みが出現しました。最初は我慢して練習していましたが、2~3日前から歩いても痛みが出現したため当院を受診しました。
膝蓋骨周辺の圧痛、熱感があり、膝関節の屈伸で膝前面に痛みがありました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、レンタルコルセットを約2週間使用していただき炎症を和らげ、太もも前のストレッチ指導をさせていただき経過観察しました。その後は運動痛もなくなり完治となりました。

中学3年生のB君はバスケットボール競技の練習中、ジャンプからの着地をすると膝に痛みが出現し整形外科を受診しました。ジャンパー膝と診断され部活をしばらく休むよう言われました。2週間後に練習再開しましたが、また痛みが出現し当院を受診しました。
当院では太もも前の筋緊張に着目し、ストレッチ指導とEMS(筋緊張を抑制させる電気施術)により筋緊張緩和させ、炎症部にはハイボルテージと超音波のコンビネーション施術を施し、ジャンパー膝用のサポーターをレンタルし経過観察しました。
2週間程で痛みは緩和され練習に参加しました。しかし、成長期のお子さんは、完全に運動痛が消失されることは難しく、痛みと上手に付き合っていくことも時には大切なことを、親御さんにも説明しご理解していただきました。


青森市さいとう接骨院でのジャンパー膝の施術法は?

青森市さいとう接骨院ではジャンパー膝に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、アイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

ジャンパー膝でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357

所在地 青森市松森1-5-2