11.鵞足炎(がそくえん)とは?

鵞足炎は、鵞足と内側側副靱帯の間にある滑液包が炎症を起こしている状態です。※鵞足とは縫工筋・薄筋・半腱様筋で構成されている腱の集合体

陸上競技の選手に多く、ランニング動作でを後ろに蹴り出す際に、鵞足と内側側副靱帯とがこすれあい膝の内側からすねにかけて痛みが出現します。

  • 合わない靴、安定しない足元での運動
  • 膝の使い過ぎによる、鵞足・鵞足滑液包の過度な摩擦

主に痛みが現れるのは、足の内側の膝から、すねにかけてのあたりといえます。このあたりは、鵞足を構成している3つの腱(縫工筋・薄筋・半腱様筋)と、脛骨がつながっているところです。痛みは階段の上り下りのときに感じやすくなります。

さいとう接骨院を訪れた患者例

例1中学2年生のBさんは陸上のハードルの選手です。最近シューズを買い替えたばかりで、安定しない足元での練習を続けていました。3日前よりジャンプからの着地時に膝の内側に痛みが出現した為、当院を受診しました。症状は膝の内側からすねにかけての圧痛と運動時痛で安静時は痛みなしです。
アイシング、マイクロカレント、超音波、ハイボルテージ施術し、最後にキネシオテープで筋肉をサポートしました。2週間程で圧痛と運動痛が消失し競技復帰しました。

高校1年生のDさん冬季期間中、校内の階段を昇降する基礎体力向上の為の練習をしていました。階段の上り下りを繰り返しているうちに膝の内側からすねにかけて痛みが出現し、当院を受診しました。症状は膝の内側の圧痛と、膝を曲げ伸ばしすると運動痛がありました。アイシング、マイクロカレント、超音波、ハイボルテージ施術し、最後にテーピング固定しました。しばらく運動を中止してもらうと1週間程で圧痛が消失し、2~3週で運動痛も緩和し競技に復帰しました。

青森市さいとう接骨院でのがそく炎の施術法は?

青森市さいとう接骨院ではがそく炎に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。がそく炎でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください!

お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院
電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2