(足)足関節ねんざとは?

「足関節捻挫 イラスト」の画像検索結果

スポーツ活動中や日常生活の歩行時に、足関節を内側あるいは外側にひねることにより 、 足関節を安定させている靭帯に過度の緊張が加わって損傷することです 。足を内側へひねって受傷する事が多いため、外くるぶし前方に位置する前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)に損傷が起こることが多く、くるぶし周辺の腫れや内出血、押すと痛みが出現します。程度によっては剥離骨折を引き起こします。
靭帯が引き伸ばされる程度の1度捻挫、靭帯の一部が切れてしまう2度捻挫、断裂してしまう3度捻挫に分類され、重症度により治療法や治癒までの期間も変わります。

損傷が起こりやすい靭帯の種類

「足関節ねんざ 無料 イラスト」の画像検索結果

足関節には、前距腓靱帯・踵腓靭帯(しょうひじんたい)・後距腓靭帯(こうきょひじんたい)の総称である外側靭帯(がいそくじんたい)のほか、内側の三角靭帯(さんかくじんたい)や、前方の前脛腓靭帯(ぜんけいひじんたい)、後方の後脛腓靭帯(こうけいひじんたい)といった靭帯があります。関節をひねった方向や、受けた外力の大きさによって、損傷が起こりやすい靭帯の種類は異なります。

さいとう接骨院を受診された患者様

高校2年生のハンドボール選手です。 小雨が降っていたなか屋外でランニング中に足元がすべり右足をひねって転倒した。 ひねった直後は痛くなかったが次第に腫れと内出血が出現し足を着けなくなり当院を受診しました。
外くるぶしの下に圧痛と足首を内側に捻ると痛みがありました。RICE処置後に超音波とテーピング固定を施し3日間は安静にしてもらいました。
その後、足関節のリハビリと弱った筋肉を強化して2週間で完治となりました。

高校3年、ハンドボールの練習で右足をひねって着いてしまったため右足関節捻挫した。
友人に抱えられて当院を受診しました。
強い腫れと熱感があり骨折の疑いがあったため整形外科でレントゲンをお願いしたところ剥離骨折していました。そのまま整形外科に対応していただきました。

さいとう接骨院の足関節ねんざの施術法は?


青森市さいとう接骨院では足関節ねんざに対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて骨、筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。 次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

足関節ねんざでお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2