「アキレス腱炎」の画像検索結果

アキレス腱は、踵の上部後面にみられる太いスジ状の腱(右図)で、ふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)の筋力を踵の骨に伝える役割があります。
ダッシュやジャンプの着地、ストップ動作など、多くのスポーツの場面で負担が集中しやすい箇所の一つで、運動で繰り返し負荷がかかった後に十分な回復期間をとらないと、アキレス腱の炎症が起こることになります。


アキレス腱炎とは、いわゆる「使い過ぎ(overuse)症候群」の状態ですが、アキレス腱に過剰な負担がかかる原因には、体の使い方や靴・路面、競技の練習量やその内容などが影響します。
それから筋肉や腱が硬いと、運動時に引き伸ばされる力が強くなり、負担が蓄積します。

さいとう接骨院を受診された患者様

中学2年生のAさんはサッカー練習中にダッシュやジャンプを繰り返していた際、かかとの上に痛みが出現し練習を中止し当院を受診しました。かかと上部に腫れと、つま先立ちで痛みが強くなりました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、ふくらはぎのマッサージとレンタルサポーターを約2週間使用していただき炎症が和らげ、後にリハビリを約1週間行い完治となりました。

高校2年生のB君はサッカーのウォーミングアップを行わず練習を開始しました。その日はインタ―バルトレーニング主体の練習メニューで、ダッシュしたりストップしていた際にかかと上部に痛みが出現し当院を受診しました。
かかと上部に圧痛と足関節を上下に動かすと痛みが強くなりました。
当院では超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、ふくらはぎのマッサージとレンタルサポーターを約2週間使用していただき炎症が和らげ、後にリハビリを約1週間行い完治となりました

高校1年生のC君はサッカー中にに急なターンをした際にかかと上部に痛みが出現し当院を受診しました。最近購入したスパイクで違和感を感じていたようです。
患者様は偏平足もあり足部のアライメント異常も関係していたためインソールも装着していただき経過観察しました。
超音波とハイボルテージのコンビネーション施術、ふくらはぎのマッサージとレンタルサポーターを約2週間使用していただき炎症が和らげ、後にリハビリを約1週間行い完治となりました

青森市さいとう接骨院でのアキレス腱炎の施術法 は?

青森市さいとう接骨院ではアキレス腱炎に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、アイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

アキレス腱炎でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357

所在地 青森市松森1-5-2