外くるぶし後ろに痛みはありませんか? 青森市さいとう整骨院

ランナーの足のトラブルの中には、普段の歩行さえも困難になるほどの痛みを伴うものがあります。

一つに腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)というスポーツ障害です。

腓骨筋(ひこつきん)は、膝のお皿に触れたまま外側に指を滑らせていくとポコッと骨の出っ張りに触れる腓骨頭(ひこつとう)といわれるところからくるぶし、土踏まずにかけて付く筋肉です。足首の動きのサポートをしています。

くるぶしのあたりで筋肉の角度が急に変化していて、様々な足の動きに対して大きな負担がかかっている部分であるため、運動による使い過ぎなどにより炎症を起こしてしまうこともあります。

外くるぶしの後ろの痛みは腓骨筋腱炎
外くるぶしの後ろの痛みは腓骨筋腱炎/青森市さいとう整骨院

腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)の症状

・足の甲に痛みが出る

・くるぶしの外側に腫れがあり、刺すような痛みが出る

・くるぶしの周りを押すと痛い

・屈伸などをすると痛い

・足の外側に身体の重心をかけると痛い

・普通に歩いていても痛い

・ランニングしてからしばらく経っても足の痛みがおさまらない

・一歩目を踏み出す時に特に痛い

腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)の原因

歩行やランニングの着地した時に、足首が外側に倒れこむ「回外」を起こすことで、外くるぶしの後ろを通る腓骨筋腱(ひこつきんけん)が引っ張られることで炎症が起きます。

走ってコーナーを回る時や、サイドステップやクロスステップなど足の小指側に体重がかかることが多くなると腓骨筋の使い過ぎになり、運動後にしっかりとケアをしていないと筋肉が縮んだ状態のまま腓骨筋(ひこつきん)の腱が引っ張られて炎症が起きます。

特に土踏まずの高いハイアーチの人はこの部分にストレスがかかりやすくなっています。

また、足の内反捻挫によって腓骨筋が伸長され、炎症が起きるケースもあります。

一歩一歩の小さな伸張性のストレスがかかることが原因になるので、慢性的な痛みになりやすいです。

しかし、伸張性のストレスは身体が感じにくいため、なってしまった本人も原因がわからないことが多いです。

他にも、自分の足に合ったサイズの靴を履いていないことでも起きやすくなります。

大きめの靴を履くことで靴の中で足が動きやすくなり、足首が横方向に動くことで腓骨筋腱(ひこつきんけん)にストレスがかかります。

また、足が前に滑ってしまうことにより実際のかかとの位置と、靴のかかとの位置にズレが生じる為、かかとの外側が擦り減り、腓骨筋にストレスがかかるようになります。

腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)の治療方法

腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)は使い過ぎによる障害なので基本的には患部を休めることです。

○保存療法

 1.症状悪化・慢性化を防ぐため運動量を減らす(痛みが強い場合は走らない)

 2.運動前後のアイシング

 3.ストレッチ

などがあります。

まずは、腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)にならないために日頃のケアをしっかり行うことも大事です。

さいとう整骨院では、低周波や超音波を使用した物理治療や、マッサージ、足底の縦アーチの改善をするインソールの提供や運動療法を行っております。

ケアやリハビリの重要性を今一度見直して、腓骨筋腱炎(ひこつきんけんえん)の再発を防いでいきましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です