内くるぶしの下あたりが痛くなる【有痛性外脛骨】って?/青森市さいとう整骨院

足が痛くて足をよく見てみたら、内側に骨の出っ張りが出来ていてこの辺りが痛い…という方はいますか?
それは「有痛性外脛骨」かもしれません。

そもそも「外脛骨」とは、足にある「舟状骨(しゅうじょうこつ)」という骨の内側に存在する、大体の人にはない余分な骨です。通常の足とは形が異なっていますが、外脛骨があること自体病的なことではありません。5~15%の人に見られるといわれています。

有痛性外脛骨の症状

足の内側のアーチの中央あたりに腫れと発赤(赤み)が出ます。また、そこを押すと痛みが出ます。
痛みのある方の足でつま先立ちをしたり、歩いたりしている時に痛みが出る人が多いです。
重症になると、少し動かしただけでも痛い、夜寝ている時も痛いなどの症状もあります。
足をかばっていて腰や股関節に痛みが出ることもあります。

有痛性外脛骨の原因

後脛骨筋は舟状骨を引き上げる働きがあります。
また、後脛骨筋腱が舟状骨に付着する部位があり、それにより後脛骨筋に力が加わることで痛みが出るようです。
スポーツのし過ぎや、合わない靴をずっと履いているなどにより外脛骨に刺激が加わることで炎症が起き、痛みが生じると考えられています。
また、捻挫をしたことによって、今まで痛みがなかった外脛骨に炎症が出て「有痛性外脛骨」となるパターンもあるようです。

内くるぶしの下にできやすい外頸骨
内くるぶしの下にできやすい外頸骨/青森市さいとう整骨院

他にも、
・偏平足
・走る、跳ぶ、急に止まるなどの動きの多いスポーツ
・きつい靴を履いてプレーするスポーツ(陸上、サッカー、バスケ、バレーボールなど)
・体幹の筋力が弱い
などの原因もあります。

整骨院での一般的な有痛性外脛骨の治療

症状を繰り返すものでも17歳頃の骨の成長が終わるあたりに自然治癒することが多いですが、スポーツをしている方で痛みがある場合は基本的には治療をおススメしています。

〇保存療法
・症状悪化・慢性化を防ぐため運動量を減らす、もしくは運動中止させる
・偏平足の場合、ショートフットなどのトレーニング
・ふくらはぎのストレッチ(やりすぎないこと)

〇物理療法
・電気治療
・超音波治療
・温熱治療
などがあります。

———-

青森市さいとう整骨院では、低周波や超音波を使用した物理治療や、テーピング、マッサージ、足底の縦アーチの低下を改善するインソールの提供やトレーニングの指導を行っております。

足首の下あたりの痛みがあるようでしたら「有痛性外脛骨」の可能性もあるかもしれないので、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です