【偏平足】の原因と改善の仕方/青森市さいとう整骨院

足の裏には土踏まずという、立った際に足の裏で床に触れないくぼんだ部分があります。
この土踏まずが潰れている、アーチが落ちている、床にぺったりと足がつくなど、思い当たる人は「偏平足」という足の変形があります。
足の裏は3つのアーチにより土踏まずがつくられています。内側の縦アーチ、外側の縦アーチ、横アーチで構成されていて、このアーチには重要な役割があります。
3つのアーチのそれぞれで前後、左右、回転方向へ姿勢を制御する役割があり、さらに着地した際に足にかかる衝撃を吸収する役割もあります。
特に、かかとから親指の付け根にかけて構成している内側の縦アーチが崩れている足を「偏平足」と呼びます。
偏平足だと、足からの衝撃をまともに吸収できず、脚の裏や甲が痛んだり、足・膝・股関節にも大きな負担がかかったりし、身体にも姿勢の変化、骨盤の歪みなどの悪影響を与えます。そのため、激しいスポーツを行っている時に膝や腰の痛みが出る人もいます。

偏平足の原因

土踏まずは成長するにつれて形成されます。
幼児の頃は誰でも偏平足ですが、大人になってからの偏平足は運動不足、筋力低下、腱のゆるみ、体重増加による負荷の増大など、一つの要因だけではなく、いくつかの要因が重なり偏平足を生じることがほとんどです。

また、
・足の指を使わない歩き方をしている
・普段からあまり歩かない生活をしている
・子供の頃、裸足で遊ぶことが多くはなかった
などの原因もあります。

偏平足の原因と対処法
偏平足の原因と対策法

偏平足だからといって治す必要はある?

偏平足は病気ではなく足の変形です。痛みがない人はそのままでも構わない人もいるでしょう。
しかし、偏平足が原因で膝や腰などに痛みや障害がある場合は改善しても良いかと思います。
また、スポーツなどを活発に行っている人は足の裏の筋肉が発達していることもあるのでその場合は必要ないかもしれません。
下記のような症状があれば見直してみましょう。

・内くるぶしの下から土踏まずにかけて痛みがある
・立ちっぱなしでいると足の内側からふくらはぎが疲れる
・距離を歩くと足の裏が痛い、疲れる

偏平足への対策

歩く時に足の指が使えない原因として、足首が硬いことが挙げられます。
また、ふくらはぎの筋肉が伸びにくくなっていることが多いです。
アキレス腱をよく伸ばしてみましょう。

歩く習慣がない方は、歩く習慣をつけるようにしましょう。
徒歩数分などの短い距離でも自分の足で歩くようにすることで、筋力の低下を防ぐこともできます。
ただし、急に歩く量を増やしてしまうと痛みや症状が強くなることがあるので無理のない範囲で行いましょう。

体重の増加による痛みは、体重を落とす運動を行いましょう。
足への負担を軽減しながらできる運動として、水中ウォーキングをおすすめします。
水中だと、体重が陸上の10分の1といわれています。膝や足裏への負担も軽減されるので痛みもほとんどなく運動できます。

また、下腿(膝から下)の筋力をつけることも効果的です。
すねだけ、またはふくらはぎだけではなく、前後の筋力のバランスも痛みや障害の予防になります。
偏平足のトレーニングには、「ショートフット」「タオルギャザー」が効果的です。

ショートフット

〇足の親指の付け根とかかとを近づけるように力を入れる(この時足の指を曲げないようにする)
母趾外転筋という筋肉が収縮する感じをつかみましょう。

母趾外転筋の位置と鍛え方
(写真は足の裏の筋肉で、赤丸のついた筋肉が母趾外転筋です)

ショートフットは偏平足予防・改善に効果的です。偏平足の方はそもそもが足の指を意識的に動かすのが苦手な場合がほとんどですが、気長に1日1回からでもいいので継続して行ってみてください。

また、偏平足による足・膝・腰の痛みがある場合は早めに対処しましょう。
さいとう整骨院では、痛みや症状のある部位の治療と、偏平足による足の筋力低下に対しての指導を行っています。
気になる方は一度相談にいらしてくださいね。

Follow me!