梅雨時期も注意!熱中症の危険性と身体のだるさ/ 青森市さいとう整骨院

6月に入り、そろそろ梅雨入りの季節になりました。
梅雨の時期から気をつけなければいけないのは熱中症です。
夏は汗をたくさんかくので身体の中に熱がこもることはないと思われがちですが実はそうではありません。
熱中症は軽傷から重症まで幅広いですが、テレビでも聞くように亡くなっている人も少なくありません。
今一度、熱中症に備えてみるのもいいかもしれません。

熱中症とは

熱によって起こる様々な身体の不調のことをいいます。
暑さにより体温調節機能が乱れたり、体内の水分の量や塩分の量のバランスが崩れることが原因で起こります。
以下のような症状が出たら熱中症にかかっているかもしれません。

①めまい、顔のほてり
②身体のだるさ、吐き気
③体温が高い、皮膚の異常
④汗のかき方が異常
⑤筋肉痛や筋肉のけいれんがある
⑥水分補給ができない
⑦呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

などがあります。

もしかしたら熱中症かも…と思ったら

・涼しい場所へ移動する
・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げる
・水分や塩分を補給させる(意識がなかったり嘔吐していたりする時には飲ませなくてよい)

これでも危険な状態にありそうであれば、すぐに医療機関へ相談、もしくは救急車を呼んでください。

熱中症で座り込む人
熱中症で座り込む人

熱中症の予防と対策

日ごろから暑さに対する工夫を行う
今、自分のいる環境の気温や湿度を気にすることです。
屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで気温や湿度が高くなるのを防ぎます。また、部屋にいる場合は扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。電気代がかかるからと節電をしたり、暑さに対して我慢してはいけません。
他には、衣服は風通しのよい麻や綿、速乾性や吸水性に優れているものを着用したり、屋外に出る時には日差しを避け、帽子や日傘を使うようにしましょう。

暑さに負けない体づくりをしよう
熱中症を予防するためには暑さに負けない体を作ることが大切です。気温が上がり始める時期から日常的に適度に運動を行い、しっかりと食事・睡眠をとることが重要です。
また、喉が渇いていなくてもこまめに水分を取ることをおすすめします。中でもスポーツドリンクは糖分と塩分を含んでおり、水分・塩分補給にはピッタリです。(塩分の取りすぎは体によくありません)

特に注意が必要な時や場所で暑さから身を守る
空調設備の整っていない環境での作業や仕事、炎天下でのスポーツなどでは熱中症の危険がより高まります。そんな時にはこまめに水分や塩分補給、休憩をとるようにしましょう。また、テレビでの天気コーナーでも熱中症の指数が地域ごとに公開されているのでそちらもチェックして一日を行動していきましょう。

梅雨時期のだるさは熱中症だけではない?

梅雨時期は自律神経のバランスが崩れやすくなるため、だるさを感じる人も少なくありません。また、だるくて食事を取る気になれない、寝つきが悪くなったという人もいるでしょう。
熱中症の症状ではないけれども、何となく身体がだるいという人は自律神経のバランスが乱れているのかもしれません。

さいとう整骨院で行っている鍼灸治療では、一人ひとりの身体の状態をみてその人に合った鍼や灸での治療を行っています。鍼灸治療は意外と知られていないですが、多岐の症状に渡り、改善の効果が認められています。
気になる症状がありましたらぜひ、お話しください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です