むちうちは完治するまでどのくらいかかるの?

交通事故の被害にあうと、むちうちの怪我を負う可能性があります。むちうちを負ってしまうと、様々な症状があらわれるものです。このようにむちうちで生じる痛みは、「いつ緩和されるの?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、むちうちの痛みが緩和されるまでの期間、痛みが長期間続いた場合の対処法、治療方法などについて解説していきます。

むちうちとは?

入間 交通事故 むち打ち

むちうちは交通事故やラグビー、柔道、レスリングなどのコンタクトスポーツなどにおこりやすいケガの一つです。交通事故やコンタクトスポーツによる衝撃が頸椎や首周辺の筋肉、神経に加わり、それで首がむちのようにしなり損傷することで種々の症状が現れます。

むちうちには4つのタイプがあります。

  • 頚椎ねんざ
  • バレー・ルー症状型
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型

タイプ1 頸椎ねんざ

頸椎ねんざは頸椎の分節に付着する靱帯が交通事故やコンタクトスポーツによる衝撃で引き延ばされたり、部分断裂した状態です。首の痛みや、運動制限、背中や肩こり、指のしびれ、違和感などの症状が出現します。

タイプ2 バレー・ルー

バレー・ルー症状は、首にかかった衝撃により頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼精疲労などの症状が出現します。これは、首付近にある自律神経の交感神経が事故の影響により過度に緊張状態にあるためです。ですので、交感神経領域に症状が現れます。気になる方は、ネットで交感神経支配領域で検索してみてください。
その他の症状として、風邪ににたような症状が出現します。微熱が続いたり体がだるくなりむちうちが原因だと思わない可能性もあります。
最後にバレー・ルーの特徴として、交通事故やコンタクトスポーツによる衝撃後すぐには発症せず、数日後に症状が現れることがおおいです。

タイプ3 神経根症

神経根症は交通事故やコンタクトスポーツによる衝撃により、椎間孔に構造的変化が生じ神経根が圧迫されている状態のため、各々の神経が支配している末端の部位に症状が現れます。例えば指先や首筋、背中、後頭部、顔面など。
これらは、咳やくしゃみ、笑った時に症状が強くなることも特徴です。

タイプ3 脊髄症

脊髄症は、背骨の中を走る脊髄が交通事故やコンタクトスポーツによる衝撃により損傷することで生じます。そのため、損傷した脊髄より下症状が現れるため、下肢のしびれや運動制限、関節拘縮による歩行障害、膀胱、直腸障害が出現します。むちうちでも重い症状になります。

むちうち症状が和らぐ期間

むち打ちになると首筋の痛みや、指先のしびれ、耳鳴り、吐き気、頭痛など種々の症状が出現します。そのため、一概にいつまでに症状が緩和されるか言えませんが大体の目安はあります。
それは、当院の実績を踏まえると、むちうちの治療をスタートしてから約3~5ヶ月で症状が緩和し始めます。しかしあくまで目安なので、それで通院をやめてしまうのはよくありません。通院先の指示に従い、治療を受けることが大切です。

むちうちの症状が長引く場合は?

むちうちの治療を整形外科や整骨院でうけているにも関わらず痛みが取れないのがむちうち。
痛みが長期間続く場合、医師から症状固定と診断されることがあります。

症状固定とは、治療を継続しても症状の改善が見込めない状態です。
つまり、後遺症が残ってしまった事になります。その場合は後遺障害等級認定を申請できます。

後遺障害等級認定とは?

後遺障害等級認定とは、交通事故でケガをし完治に至らない状態で、その後遺症が1~14級までの等級のうち、どれに当てはまるかを認定したものです。

後遺障害等級認定の申請手続きを行い、等級が認定された場合、後遺障害慰謝料や逸失利益といった損害賠償を受け取ることができます。

後遺障害等級認定の手続き方法

後遺障害等級認定は、「事前認定」または「被害者請求」で申請の手続きを行わなければなりません。

  • 事前認定:加害者側の保険会社に、後遺障害等級認定の申請手続きを任せる方法
  • 被害者請求:被害者自身で、後遺障害等級認定の申請手続きを進める方法

上記のように、事前認定は、手続きの手間を省くことができます。一方、被害者請求の場合は、被害者自身で必要な書類を作成・取得しなければならず、手間がかかってしまいます。
しかし、被害者請求では、事前認定では確認できない書類の内容を把握することが可能です。また、レントゲンやMRIの画像といった、後遺障害等級の認定に有利になるような書類を付け足すこともできます。そのため、納得のいく等級が認定される可能性が高まります。

青森市さいとう接骨院を受診された交通事故患者様

25歳 女性 信号待ちの際に後方から追突

交差点で信号待ちの際に後方から追突されて頸椎捻挫と診断。
2~3日後に背中と指先にしびれが生じた為、整形外科に再受診しました。
全治2週間と診断を受けましたが痛みがひかず、さいとう接骨院を受診しました。
電気や超音波やハイボルト治療(深部の神経、筋肉に効果あり)をしていただき、少しずつ症状が緩和してきています。しかし、むちうちは長期間治療期間がかかり後遺症が残ることも視野にいれています。その際は後遺障害等級認定を申請しようと思っています。

55歳 男性 駐車場で出合い頭に衝突

駐車場から車を発進させた際に相手の車と衝突。
首と肩に痛みが生じ、整形外科で頸椎捻挫、肩関節ねんざと診断。
2週間ほど様子をみましたが痛みが取れず、知人の紹介でさいとう接骨院を受診。現場作業者のため患部の安静保持が難しくなかなか痛みは引きませんでした。さいとう接骨院さんには週間4回ほど通院させてもらいしっかり施術していただきました。保険会社から施術にかかる時間や手間は慰謝料という形で通院日額4200円支給してもらい、安心して病院、接骨院に通うことができました。
ケガの相談だけでなく、自賠責保険の相談も気軽にのっていただけるのでおすすめです!!

交通事故後の治療のサポートならお気軽にお問い合わせください。

https://clinic.jiko24.jp/こちらのサイトからも詳しい説明を閲覧できます。

ライン予約とは?

さいとう接骨院と「友だちに追加」してくれた方と、個別に1対1でメッセージのやり取りができます。ここでお客様から問い合わせやご予約をいただきますと、具体的な予約日時の調整や提供メニュー等をリアルタイムに話し合うことができます。

例えば、職場での休憩時間や、通勤の電車内などのスキマ時間だと、電話での予約は難しいですよね?
そのような電話をかけにくいシーンでも予約を可能にしました。

例)山田 太郎です。
 腰痛のため〇月〇日の△時から受診可能ですか?

「ライン予約 接骨院」の画像検索結果

※当院では1分以内に返信できるように万全の準備をしております。
とても便利ですので是非ともご利用ください。
下の「友だち追加」をタップすると次の工程に進みます。

友だち追加

所在地 青森市松森1-5-2
電話番号 017-763-0357
診療時間 月~金曜 09:30~12:00
          15:00~20:00
     土曜日  09:30~14:00

関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージby

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です