自粛によって急増中のコロナうつ…うつには鍼灸治療が効果的!/青森市さいとう接骨院

政府から緊急事態宣言の発令が出され、日本全国の人々が外出の自粛を余儀なくされています。
特に感染者が多い地域では、長い間好きなように外出ができないでいる状況なので、よりストレスが多く溜まっている現状があるでしょう。
そんな中、自宅にこもりすぎて長期間ストレスが溜まり、鬱の傾向がみられる人が多くいるという実態もあります。
うつの原因というと、仕事でのストレス、人間関係のストレス、大切な人を亡くしたり、がんなどの深刻な病気が見つかったショックによるストレスなどがあげられます。
しかし、自粛など頑張ったあとも実は鬱に陥る危険性があります。

コロナうつの症状

心の症状として、「不安」「イライラ」「焦り」「抑うつ」などがみられます。
そしてその不調が長期間続くことによって、日常生活に支障をきたしている傾向にあります。
また、その「不安」という感情は人間にとって生きていくためには必要な感情になります。
人間は不安を感じるからこそ危ない場所を避けたり、一度失敗したことを再び失敗しないように対策をしたり、失敗しないように準備をしたりなどをします。不安による身体の反応や行動は悪いものばかりではありません。
また、これらの感情は避けたり乗り越えることで、不安な感情が軽減されたり改善したりもします。
不安な感情は長い間存在するものではないという点があります。

しかし、コロナうつの場合は、先の見えない不安、継続的な不安、目に見えないウイルスに対しての不安なので気が休まることがありません。このような不安が大きなストレスとなってしまうので、心にも体にも大きく負担がかかり、結果うつ病を発症することもあります。
テレビなどのメディアではコロナに関連したニュースも多く、緊急事態宣言など私たちの生活へ関係する内容の割合も大きいです。買い物や外出、仕事や規制など自らが選んで行動しないといけない内容も非常に大きいのも事実です。
そのため、生活背景や環境の差も影響して対応しなければならないことが非常に多く、疲れや疲労を感じることが多いのです。

こうした混乱の中で、さらに自分の身は自分で守るといった行動も疲労につながり、更にイライラしたりなどの感情を呈してしまうこともあります。このような感情が強くなりすぎると、日常生活に支障をきたしてしまい、「うつ病」といわれる状態に陥ってしまいます。

「コロナうつ」「コロナ疲れ」「コロナストレス」には鍼灸治療が効果的です

いずれも先の見通しが立たない不安定な状況だからこそ、ご自身のケアをしっかりとしてあげることが優先です。また、おかしいな、と気付いた時すぐにケアをすることで、その後の改善もすぐにみられます。

さいとう接骨院の鍼灸治療では、一人ひとりの症状に合った鍼灸治療を行っていきます。気になる身体のお悩みや症状をお話ください。

お問い合わせはこちら

青森市 さいとう接骨院
青森市松森1丁目5-2
017-763-0357

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です