【鍼灸(はり・きゅう)】で免疫力を高めよう!/青森市さいとう接骨院

毎日、ニュース番組では新型コロナウイルスの報道がされています。
今日現在、まだ青森県には感染者はいないみたいですが、もしもの時を想定し予防をされると安心かと思います。
感染症は、免疫力が落ちている方が特にかかりやすいです。
実は風邪もウイルス性のものなので、免疫力が落ちている時に風邪を引くこともあります。
広く知られていませんが、鍼や灸も免疫力を高めることができる一つの方法なのです。

鍼や灸と聞いて、肩こり腰痛など深い筋肉のコリを取ってくれる、テレビやSNSなどで芸能人が行っている小顔効果、肌のツヤを良くするなどの美容鍼灸を多くの方がイメージされるかと思います。
実際には、鍼を身体に刺すことにより筋肉の緊張が緩み、刺激を与えた周囲の毛細血管が拡張され、新陳代謝が高まります。新陳代謝が良くなることで、溜まっていた老廃物が流れ、身体が回復傾向に少しずつ向かっていきます。
しかし、鍼は身体の表面に現れている症状を和らげるだけでなく、免疫力を高める効果もあるのです。

免疫とは

人間の身体の中にある免疫細胞の白血球が、異物の侵入から身体を守る免疫の役割を担っています。ウイルスや細菌の侵入を知らせる、それらの菌に攻撃し殺した菌の掃除を行う、それらの菌の抗体を作るなどたくさんの働きがあります。白血球が正常に働いているおかげで、私たちの身体は元気でいることができます。
免疫力が低下すると風邪やヘルペスなどの症状、また様々な感染症やガンを引き起こすことがわかっています。風邪を引きやすい方、風邪の治りが遅い方は免疫力が下がっているかもしれません。

免疫力を高めるには

身体全体の代謝を上げる
運動や入浴が簡単にできるのでおすすめです。運動をすることで血行が良くなり、筋肉が刺激され、筋肉量が増えると基礎代謝も高まります。

自律神経の調子を整える
自律神経はストレス発散や規則正しい生活を送ること、適度な運動、暴飲暴食はしない、十分な睡眠をとることでバランスが整います。自律神経の不調は身体に様々な症状として現れます。例えば、倦怠感、頭痛、めまい、不眠など不定愁訴といわれるものが多くみられます。

腸内細菌を善玉優位にする
腸にはたくさんの種類の細菌が存在しています。多くの方が知っている善玉菌、悪玉菌ですが、善玉菌を優位に保つことで免疫力が高まることがわかっています。善玉菌は、ビタミンの合成、消化吸収を助ける、感染防御など健康維持の働きをします。悪玉菌は、腸内腐敗、発ガン物質や細菌毒素の産生など病気の引き金になることがあります。
腸内の善玉菌を増やすには、野菜や海藻類・豆類を摂り、乳酸菌とビフィズス菌を増やしてあげると良いそうです。反対に、肉(特に赤身)などは大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌が多いため、多く摂ることを避けましょう。

なぜ鍼治療が免疫力UPになるのか

鍼を身体に刺すことで、免疫力を高めるのに大事な「血行促進・血流改善」・「自律神経の調節」・「腸内環境の改善」を助けることができます。
また、鍼の刺激は自律神経のバランスを調整してくれます。→自律神経に関する記事はこちら
血行が良くなり、自律神経のバランスが取れていることで内臓(胃腸)の調子も良くなります。

免疫力が低下して体調を崩す前に、感染症の対策に、風邪を引きにくい身体に、鍼灸治療でケアをしてみませんか?


青森市 さいとう接骨院
所在地 青森県青森市松森1-5-2
電話番号 017-763-0357

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です