青森市さいとう接骨院なら交通事故の被害者が自賠責保険を適用させて治療できることを知っていましたか?

交通事故の自賠責保険の内容は?

交通事故の被害に遭われたかたが、相手の保険会社に求められる補償になります。 実際に交通事故によって発生した治療費、会社を休業した際の休業補償、通院するために使用した交通費、慰謝料を相手の保険会社が支払う義務があります

交通事故による慰謝料とは?

交通事故の被害に遭ったとき、治療費の他に「慰謝料」を請求できます。ここでは、適正な慰謝料を受け取るために必要な「交通事故慰謝料を請求するための知識」を紹介します。ぜひ、ご活用ください。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は精神的損害に対する補償であり、その苦痛を数値化して計算することは困難です。そのため、できる限り客観的な基準が必要であり、実際に数えることができる入通院期間・実通院日数が、慰謝料を算定するための一つの基準となります。そこで、入通院期間・実通院日数が、慰謝料を決めるうえでの大きな指標の一つとなります。

さいとう接骨院に通院した際の治療費は?

当院に通院された被害者・加害者様は窓口負担はいただきませんのでご安心ください。

さいとう接骨院に通院した場合の慰謝料は?

交通事故による慰謝料には2パターンの支給方法があります。
その①通院期間を計算して支給
その②通院日数を計算して支給 です。

①と②を比べて総日数の少ない方に4200円かけます。 なお、通院を開始した日から治癒した日までを「通院期間」。
1ヶ月=30日とします。例えば、「通院期間6ヶ月(180日)・実通院日数90日」の場合を計算してみましょう。

  1. ①通院期間⇒180日
  2. ②実通院日数×2⇒90日×2⇒180日

①・②ともに日数は180日であるため、180日に4200円をかけます。⇒180日×4200円=75万6000円が、今回の例における通院慰謝料の金額になります。

ただし、自賠責保険は、保険金額に120万円の上限があります。
ですので、治療費、会社を休業した際の休業補償、通院するために使用した交通費、慰謝料、その他費用を含めて120万円になります。

さいとう接骨院を来院された患者様

20代 会社員 【被害者】
令和元年9月 仕事で運転中信号待ちをしていた際に後方から追突されました。
その場で警察を呼んで対応していただきました。
首と肩に痛みがあったため、後日整形外科に受診し頸椎捻挫と右肩捻挫と診断され、しばらく整形外科に通院しましたが、どうしても仕事の業務時間内に通院できないため、診療時間の長いさいとう接骨院との併用をしています。
むちうちの症状もだいぶ軽快していますが、まだ動かすと痛みがあり毎日通院しています。予約がLINEでとれるため時間のロスがなく大変助かっております

交通事故後でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院・整骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

エキテンサイトからも詳細をチェックできます

ここをクリック➡さいとう接骨院

関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージby

さいとう接骨院

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です