自律神経失調症と鍼灸治療

不調が長く続いている、仕事を頑張れば頑張るほどつらい、不安に思うことが多い、など、精神的なストレスや身体的なストレスが続いている方は自律神経のバランスが崩れている、「自律神経失調症」かもしれません。
自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れてしまい、身体にさまざまな症状が出ていることを指します。
バランスが崩れる結果、様々な不快な症状が慢性的に起こります。

交感神経と副交感神経

まず、自律神経には「交感神経系」と「副交感神経系」の2つの神経があります。

交感神経

外での活動を中心に担う神経です。
心臓から脳・手足の先まで全身に張り巡らされており、血管を通して必要な血液の量を体の必要な部分に送ることを自動で調節しています。
交感神経は、目が覚めている時、興奮している時に優位になります。
この交感神経は過度なストレスや緊張状態が続くと、働きが過度になってしまい、動悸・息切れ・肩こり・冷え症などの症状が出ます。

副交感神経

体の内部の生体活動を中心に担う神経です。
食事をすると、胃や腸などの消化活動に関係する内臓の働きが活発になります。
副交感神経は、眠っている時やリラックスしている時に優位になります。
この副交感神経が正常に働くにはきちんとした食事、十分な睡眠が必要になります。
これらが十分でないと副交感神経の働きが下がり、胃もたれ・吐き気・便秘などの消化器の症状が出ます。

この2つの神経系が全身のほとんどの器官でバランス良く働くことで身体が適正に保たれています。
また、自律神経は、腕や足の筋肉など意識や状態とは無関係に24時間休みなく働き、無意識で身体を調整してくれる神経です。
その働きのおかげで睡眠中も呼吸や心拍が止まることなく動き、消化器官は栄養を分解して体に蓄え、日々の活動に必要な準備を整えながら過ごすことが出来ます。

自律神経失調症の症状

自律神経は体の中の器官に張り巡らされているので、様々な症状が出ます。

心臓
動悸、胸痛など
息苦しいなど
胃腸吐き気、下痢、便秘、ガスが溜まるなど
頭痛、頭重感、脱毛など
目の疲れ、ドライアイなど
耳鳴り、めまいなど
口の渇き、味覚障害など
喉の異物感、飲み込みづらいなど
手足痛み、しびれ、冷えなど
皮膚多汗、かゆみなど
筋肉・関節肩こり、脱力感、筋肉痛など
血管立ちくらみ、高血圧、冷えなど
膀胱頻尿、排尿困難など
生殖器勃起障害(ED)、生理不順など
全身微熱、倦怠感、食欲不振など
精神落ち込み、不安、気力低下、集中力低下など

自律神経失調症が疑わしい人の症状の特徴

・ストレスや生活習慣との因果関係がある
・複数の自律神経症状がある
・薬の効果が不十分

などがあります。

自律神経失調症の鍼灸治療

鍼灸やマッサージなどの刺激は、過緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげることが出来ます。
さらに、皮膚刺激を通して脳の視床下部にも影響を与え、ホルモン分泌のバランスを整えることにもつながります。

自律神経失調症は、肩こり・冷え性・不眠症・下痢・便秘・食欲不振など、はっきり分からない「不定愁訴」などの症状を一緒に伴っている場合が多くみられます。
鍼治療で治癒を期待することは症状によっては難しいかもしれませんが、週に1回でも継続的に通院していただくことによって、数ヵ月後には効果が現れてくるように思われます。

さいとう接骨院では、患者さん一人一人の身体の状態を診て、身体のバランスを整えていきます。 全身の調整を行ったうえで局所的な治療も行えることが鍼灸治療の特徴であり強みです。
まだ鍼灸治療を体験されたことのない方には、ぜひお試しいただきたい治療法です。

お問い合わせはこちら

青森市 さいとう接骨院
電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です