あなたの頭痛は鍼灸治療で良くなるかも?

「頭痛持ちで薬が手放せない」「病院の検査では異常なしと言われた」「頭が重だるくて、仕事に集中できない」「PMS(月経前症候群)や生理中の頭痛がつらい」など、頭痛があるだけで生活の質が変わってしまうことはありませんか?

頭痛にはいくつか種類があり、大きく4つに分類されます。
ここでは鍼灸治療が出来る頭痛をあげていきます。

緊張性頭痛

首・肩・背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起き、頭が締め付けられるような痛みのする頭痛。

偏頭痛

脳の血管が拡張することで、片側または両側のこめかみがズキンズキンと痛む頭痛。

群発頭痛

季節の変わり目や飲酒の後など特定の期間に起こる、目の奥が刺すように痛む頭痛。痛みが強く、目の奥をキリでえぐられるような痛みだといいます。

混合頭痛

片頭痛(偏頭痛)と緊張型頭痛の両方が併発している頭痛。

中でも多くの方が悩まされているのが緊張型頭痛、次に偏頭痛です。

緊張型頭痛は、緊張により血流が悪くなり、周囲の神経を刺激することで痛みにつながります。
特に午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいといわれ、後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッと締め付けられるように痛みます。

偏頭痛は、頭の片側で脳の血管が拡張し、神経を圧迫することでズキズキとした拍動性の痛みが現れます。

群発頭痛は、片方の目の奥に激痛が走り、涙や鼻水が止まらない症状が出ます。キリで目を突かれるような耐えがたい痛みだといいます。女性よりも男性に多くみられます。

病気が原因のものはすぐさま病院へ行くことをおすすめします。(くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎など)

頭痛の原因

緊張性頭痛

子供から年配の方まで幅広い年齢の方にみられ、身体と心のストレス・姿勢の悪さ・運動不足などが原因です。
身体に感じるストレスは、デスクワークで下を向いている、スマホを見ている時間が長いというように、同じ姿勢を長時間取り続けている事によって生じます。本来、人間の首はS字のカーブを描いているのですが、下を向く姿勢が長かったり、パソコンの画面を見るために首を前に突き出すような姿勢を取り続けたりしていると、S字カーブは失われ、首の後ろの筋肉が緊張し筋肉内の血流が悪くなり、老廃物が溜まることにより周囲の神経を刺激して、痛みが出てしまいます。

偏頭痛

人によって誘因がありますが、女性では特に月経であることがわかっています。月経が始まる数日前から痛みが起きるという人が多いことから、女性ホルモンが関係していると考えられます。他にも、自律神経のバランスが崩れた時(気候の変化)や、寝不足・寝すぎ、光や音の強い刺激などが原因とされています。

群発頭痛

原因ははっきりとはわかっていませんが、何らかの原因によって脳の中にある自律神経をつかさどる視床下部が刺激を受けると、三叉神経という神経が痛みを感じます。そのため、三叉神経がつながっている目の奥の辺りに激痛が起こります。
この時、目につながっている内頚動脈という血管が拡張することも痛みに関係していると考えられており、三叉神経とつながっている副交感神経も興奮し、目の充血、涙や鼻水が止まらないなどの症状も起こります。

頭痛の鍼治療

治療は主に、緊張して硬くなった頭や首、肩周りの筋肉をほぐし、頭部への血の巡りを良くしていきます。筋緊張が和らぐだけでなく、気持ちの面でのリラクゼーション効果も期待できます。
また、偏頭痛や群発頭痛がある方は自律神経のバランスが崩れているので、それを整えていく治療も行います。
頭痛は慢性化したり、長期間薬を服用したりすると薬が効かなくなることもあります。
鍼灸はそのような方にもとても効果的で、人によってはすぐに効果が出ることもあります。

さいとう接骨院では、患者さん一人一人の身体の状態を診て、身体のバランスを整えていきます。 全身の調整を行ったうえで局所的な治療も行えることが鍼灸治療の特徴であり強みです。
まだ鍼灸治療を体験されたことのない方には、ぜひお試しいただきたい治療法です。

お問い合わせはこちら

青森市 さいとう接骨院
電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です