腕・肩の動かし方はこれで納得!!

腕・肩の使い方

こんにちは!!青森市さいとう接骨院ではアスリートから一般の方に向けて~ケガをしない身体の使い方~をご指導させていただいております。今回は【腕・肩の解剖と動き方】をご説明させていただきます。

「腕」とは、どこから先のことを言うのでしょうか。
こう聞かれたら、みなさんは何と答えますか?

腕を正しく使うためには、腕の始まりの構造を理解することが非常に大切です。

右腕の始まりの部分を、左の人差し指で指してみてください。

ほとんどの人が、肩を指します。肩が腕の始まりだと思っている人が大半なのです。

肩の位置を指す場合、上腕骨の骨頭(上腕の先端の球状部分)あたりを指す人が多いようです。

肩の位置を聞かれて、鎖骨あたりを指す人、肩甲骨を指す人、あるいは、鎖骨と肩甲骨の一帯を手のひらでぐるぐる撫でる人もいます。

指でピンポイントに指せないということは、このあたり全体を肩という感覚を持っているからかもしれません。

このあたりというのは、鎖骨と肩甲骨の一帯の部分です。

この部分を「肩甲帯」と言います。

「腕の始まりはどこから?」という問いに対し、肩甲帯を手のひらでぐるぐる撫でた人は正解です。

腕の始まりはどこかを厳密に言うと、鎖骨の付け根が腕の始まりです。

鎖骨の付け根の関節を胸鎖関節と言います。

腕を真横に水平まで挙げてみてください。
この時、胸鎖関節を支点として、鎖骨が後ろに動きます(鎖骨の後方移動)。
つまり、胸を張る(胸を開く)動きが無意識的に生じるのです。

「胸鎖関節 可動域」の画像検索結果
「胸鎖関節 可動域」の画像検索結果


腕を挙げたり、回したりするには、胸鎖関節がしなやかに動くことが重要です。
逆に言えば、胸鎖関節の動き(鎖骨の動き)を制限したり、過剰に動かしたりしてしまうことが、肩や肘に痛みが出る一因になります。
胸鎖関節の動きを制限したり、過剰に動かしたりする筋肉を知り、そうした作用を抑える仕組みを理解しておくことは、スポーツ動作を考えるにしても、日常生活動作を考えるにしても、非常に大切です。

腕を挙げたり、回したりするには、胸鎖関節がしなやかに動くことが重要です。
逆に言えば、胸鎖関節の動き(鎖骨の動き)を制限したり、過剰に動かしたりしてしまうことが、肩や肘に痛みが出る一因になります。
胸鎖関節の動きを制限したり、過剰に動かしたりする筋肉を知り、そうした作用を抑える仕組みを理解しておくことは、スポーツ動作を考えるにしても、日常生活動作を考えるにしても、非常に大切です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です