足首の後ろに強い痛みが出る三角骨障害とは?

クラシックバレエやサッカーをしている中高生が、「つま先立ちの姿勢や足の甲を伸ばすと足首の後ろに強い痛みが出ます」と訪れることがあります。

今回は、このようなケースで疑われる三角骨障害について解説します。

三角骨障害で痛む部位のイラスト

三角骨障害とは?

三角骨とは、足関節の距骨の後ろにある過剰骨です。過剰骨とは、文字通り本来ない過剰にある骨です。多くの場合片足だけに見られます。
珍しいような感じがしますが、三角骨は健常者の約10%にあるとされています。

三角骨障害は、足関節後方インピンジメント症候群の1つです。インピンジメントとは、「挟まる」「衝突」を意味します。

つま先立ちなどで足の甲を伸ばした状態のときに、過剰骨である三角骨が足関節後方で脛骨(けいこつ)と踵骨(しょうこつ)の間に挟まれて痛みが生じることを三角骨障害と呼びます。

三角骨障害のイラスト

三角骨障害になりやすい方と症状

三角骨障害は2つの条件が重なったときに生じます。1つ目の条件は足関節後方に三角骨があること。2つ目の条件は部活動などで熱心にスポーツをしていることです。

とくに、若いバレエダンサーやサッカー選手に多く見られます。
クラシックバレエのポアント(つま先立ち姿勢)やサッカーのインステップキック(足首を伸ばして甲でボールを捉えるキック)で、足の甲を強く伸ばす姿勢(底屈)を何度も取るためです。

痛みの出やすい動作例のイラスト

足首を伸ばしたときに、足関節後方で三角骨が脛骨(けいこつ)と踵骨(しょうこつ)の間に挟まれて可動域が狭くなると足首を伸ばしにくくなります。
無理に強く伸ばそうとすることで、足首の後ろ(アキレス筋付近)に強い痛みが生じます。

三角骨障害の検査とは?

問診では部活動などのスポーツはもちろん、「どのよう時に、どこが、どのくらい痛むか」を伺います。

つぎに、底屈テストで足首を強制的に伸ばして痛みや可動域を、レントゲン(X線)撮影やCT撮影で三角骨の有無や足関節後方の骨の状態を確認します。

三角骨障害の治療とは?

患者様は中高生を中心に若い学生が多いため、年齢を考慮して治療は基本的に保存的療法を選択します。
保存的療法でも改善しない方、痛みが強く日常生活に支障がある方、どうしても早くスポーツに復帰したい方には手術療法を選択します。

三角骨障害の保存的治療法

痛みが強いときは炎症を抑えることを優先します。強い痛みが治まれば、足関節の可動域拡大や周囲筋強化を目的にリハビリを行います。

スポーツの休止:安静を保つため。薬物治療:鎮痛剤の服用や局所注射で炎症を抑える。固定:テーピングや装具などで足の甲が過剰に伸びることを制限する。リハビリ:足でタオルを掴むタオルギャザーやゴムバンドを使ったアンクル訓練など。

テーピング
https://www.youtube.com › watch

www.battlewin.com › sports_taping › dance

三角骨障害でお悩みの方はさいとう整骨院まで!!

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

三角骨障害でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です