開張足はこんな病気

開張足はこんな病気

開張足とは、5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態のことです。

自覚症状がないため気づかないことが多いですが、放置すると外反母趾や内反小趾、扁平足などの足病変を引き起こします。ハイヒールやパンプスを履く女性に多く、女性の約9割は開張足の傾向があります。
原因の一つに、靴の問題があげられます。ヒールの高い靴を履いていると、かかとが不安定になり前足部でバランスを取ろうとして、重心が前に移動します。そのため横アーチに無理な負担がかかるのです。その疲労を放置しているとアーチが崩れて開張足になります。

開張足にはどうしてなるの?


基本的には足先である前足部への長期間にわたる荷重が、横のアーチの低下を引き起こします。そのため前足部への荷重を軽減することが予防や痛みを軽減に役立ちます。
また骨格構造を保つ靭帯が男性よりも柔らかい傾向にある女性に多い症状といえます。もちろん生活習慣の違いも関係しており、女性はヒールなど履く機会も多いので、前足部への荷重がかかりやすいと言えるでしょう。

またふくらはぎの筋肉が硬く、足首が硬いと十分な踵接地ができず、前足部への負担が高くなります。またこれは経験的なものですが、前足部荷重が多いスポーツ(剣道や卓球など)を長年愛好されている方は開張足になる傾向が高いように思います。

開張足の靴選び


すでに開張足になっており、何らかの痛みがある方は、前足部の負担を軽減することを考えて靴選びをしてください。
ヒールタイプならなるべく低く、しっかり踵着地ができる太いもの。また甲にベルトなどがあり、前滑りのしないもの。前滑りが起こるだけで指先が緊張し、前足部への圧力が高くなります。
カジュアル靴ならヒールタイプよりもリスクはかなり低くなりますが、スリッポンよりもベルトや紐で甲から固定できるものがベストです。。

また靴底には多少の厚みと丸み(反り)があるといいでしょう。欲をいえば靴底がコロンと転がる構造(ローリング構造)になっているものを選ぶと負担が少なくなります。靴底が薄く靴の返りがいいものはかえって足を痛める可能性があります。

出典開張足って聞いたことありますか?|痛くてはけないオシャレな靴も快適に変身 東京新宿中敷き(インソール)調整専門店

足指の付け根にタコやウオノメができている方。
外反母趾の方。
足の裏が疲れやすかったり、痛くなる方。
開張足になっている場合が非常に多いです。

足には3つのアーチがあるのですが、そのうち足の指の付け根にあるのが横アーチ。この横アーチが崩れている状態を開張足と言います。

出典開張足って聞いたことありますか?|痛くてはけないオシャレな靴も快適に変身 東京新宿中敷き(インソール)調整専門店

指のつけ根が薄く広がったイメージの足です。
本来、アーチは地面からの衝撃や自分の重さを吸収する、バネの役割を果たしています。
しかし、バネが伸びきっているため、衝撃や重さが身体に伝わりやすくなります。
そのため皮膚は身体を守る防御反応として厚くなります。
それがマメやタコ、ウオノメの原因です。
筋肉や関節に衝撃が伝われば、足首、ひざ、腰などに痛みが出たりすることがあります。
開帳足は指の靭帯が緩んだ結果だと言います。
その状態は外反母趾やハンマートウといった足の変形に広がっていくと考えられています。

開張足の施術法は?


青森市さいとう接骨院では開張足に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて骨、筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。 次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

開張足でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です