モートン病

症状

主に足の中指と薬指の間に「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状です。しびれや、幹部にかたまりがあるような違和感を覚えることもあります。

この痛みは、指と指の間を通っている神経がコブ状に腫れてしまい、歩くたびにその部分を刺激してしまうことで起こります。

原因

モートン神経種の原因は主に靴の問題が挙げられます。

つま先側が細いハイヒールやスポーツシューズなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。靴の問題との大きくかかわる問題として挙げられるのが、足の骨配列「オーバープロネーション(過剰回内)」の問題です。

オーバープロネーション(過剰回内)の足は、かかと周りの関節が動きすぎることで、同時につま先側を広げてしまいます。(=開帳足)

過剰に広がった前足部に、無理やり先の狭い靴をねじ込んだ状態で長時間過ごすことで、指と指の間にある神経にも負荷が掛かり続けます。

またオーバープロネーション(過剰回内)の足の場合、走・歩行の蹴りだし時に掛かる負荷が、中指と薬指の辺りに集中してしまい、指と指との間に強い負荷が掛かってしまうことで、症状を悪化させてしまう要因にもなります。

病態

深横中足靱帯

槌趾変形がある場合や中腰の作業、ハイヒールの常用などで趾の付け根の関節(MP関節:中足趾節関節)でつま先立ちをすることによって、足趾に行く神経が中足骨間を連結する靱帯(深横中足靱帯)のすぐ足底部を通過するため、この靱帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害です。
圧迫部の近位には仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成されます。中年以降の女性に多く発症します。

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状が出現します。前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。
また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。

オーバープロネーション

もう悩まない!モートン病対策のインソール人気おすすめ5選!

モートン病の施術法は?


青森市さいとう接骨院ではモートン病に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて骨、筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。 次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。また、骨折の疑いがある場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の検査が必要となるため整形外科の医師に診察をお願いしております。

医療機関と接骨院の連携で患者さんに1番最適な施術をご提供していきたいと思っております。

モートン病でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください! お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です