梅雨と湿邪の関係/青森市さいとう接骨院

青森市も先日梅雨入りし、天気が安定しない日がこれから梅雨明けまで続いてきます。
この時期はジメジメどんより、体が重い、頭が痛い、足がむくむ、なんとなく体調がすぐれない日が出てくることがあります。また、特に女性は湿気による冷えの症状が出たり、余計な水分が体に溜まるとむくみとなって現れたりします。
それは東洋医学では湿邪が原因と言われます。東洋医学の観点からみてみましょう。

低気圧が自律神経を乱す/梅雨と頭痛の関係/青森市さいとう接骨院が解説!!
(↑梅雨時期に関連する別記事です。)

梅雨にだるくなる原因①自律神経の乱れ

普段の私たちは、起きて活動している時の交感神経と、リラックスしている時の副交感神経はバランス良く、切り替えて過ごしています。しかし梅雨時期は気圧が低い状態が続き、空気中の酸素が少なくなっています。体は活動を最小限に抑えようとするため、本来活動的であるはずの昼でも副交感神経を優位にしてお休みモードになり自律神経のリズムが乱れやすくなっています。


梅雨にだるくなる原因②湿邪

湿度の高い環境では十分に汗をかくことが出来ず、体内に余分な水分や老廃物が溜まりやすくなり、血の巡りが悪くなります。湿邪が体内に取り込まれると頭痛・消化不良・下痢・むくみなど全身に症状が現れます。

湿邪は、東洋医学における概念です。東洋医学において「気」は、この世のすべてを構成するエネルギーのようなものです。健康を大きく左右すると考えられ、夏の暑さや秋の乾燥、冬の寒さなど、1年の気候変化を「寒・火・燥・湿・暑・風」の6つに分類し、六気(りっき)と呼んでいます。例えば、春に吹く風が身体に悪影響を及ぼした場合は、「風邪(ふうじゃ)」は文字通り風邪(かぜ)のことをいいます。このように、六気の変化が過剰になると、健康を害す邪気となって身体に入り込み、様々な不調を起こすと考えられています。

 

梅雨のだるさの対処法

その1.39~40℃のぬるめのお風呂につかる

39~40℃は身体がリラックスできる温度です。また、炭酸ガス入浴剤を使うと血流量がアップします。
※汗をかいたときの注意点…汗をかいた状態で冷房の効いた部屋に入ると汗は一気に蒸発します。すると体温が急激に奪われ、下痢や冷えなどの体調不良につながります。汗はこまめに拭くようにしましょう。

その2.水分バランスを整えてくれるツボを刺激する

①湧泉(ゆうせん)…体内の水分バランスを調整。血流循環改善。
②三陰交(さんいんこう)…生理痛・生理不順・更年期障害・冷え・むくみの改善

その3.胃腸を元気にする食材を摂り、弱らせる食材を避ける

冷たいもの、生もの、甘いものは身体を冷やすため避けましょう。
この時期の香りのする野菜は消化力を強め、体を温めて代謝をアップ。
夏野菜は利尿作用があるものが多いので生で食べるのは控えて、加熱調理をすることをおすすめします。

胃腸を元気にする 黒こしょう、とうがらし、ねぎ、しそ、
 さやいんげん、とうもろこし
湿邪を体外に出す ねぎ、しそ、緑豆もやし、たまねぎ、ピーマン
痰を取り除く たまねぎ、大根、きのこ

東洋医学では、脾とよばれる胃などの消化器が最も湿邪に侵されやすいです。食べ物を消化して栄養を巡らせる働きの器官が弱まることで、疲労倦怠感などの全身症状が出ます。元々胃の弱い方は夏バテになりやすく、体調を崩しがちなので気を付けましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です