バネ股(弾発股)(大転子滑液包炎)とは?

股関節屈伸時に大転子と腸脛靭帯(関節外側)、腸恥隆起・小転子と腸腰筋腱(関節内型)に摩擦が生じる事で発症します。

股関節から音が鳴る(ポキッ、ボキボキ、ガリガリ). 股関節の周りの筋肉や腱が、股関節の骨に引っかかり、ポキッとかガリガリという音がする症状を弾発股(だんぱつこ)といいます。陸上やバスケットボール、バレーボール、クラシックバレーなど跳躍運動の多いスポーツやダンスで発生しやすい障害です
 

さいとう接骨院を訪れた患者例

高校1年生のDさんは陸上の短距離の選手です。1か月前からトレーニングメニューに『ももあげ』を追加しました。トレーニング中期に入った頃から、ももを上げると股関節の外側に痛みを感じるようになり、最終的にもも上げ出来なくなり受診されました。股関節屈伸でポキポキ音がなり同時に痛みが出現。まずは、炎症がなくなるまで練習を中止させ、股関節用のサポーターを装着していただき経過観察すると痛みが和らいできました。少しずつ練習に参加しながらも施術を継続し約2週間で痛みがなくなりました。

高校2年生のA君は陸上の幅跳びの練習中、助走から踏み切り空中局面で脚を上げると股関節に異音が鳴り痛みも出現しました。しばらく練習は中止し経過観察していましたが、先日から練習を開始したら、また同じ症状が出現したため当院を受診しました。 患部に熱感と圧痛、股関節の運動痛があったのでアイシングとレンタルサポーター、マイクロカレントを貸出ししばらく様子をみました。
2~3日で圧痛と熱感が消失したので、超音波、ハイボルテージを施術し、腸腰筋、大腿筋膜張筋、殿筋群のストレッチ指導を行い、約2週間で痛みがなくなり競技に復帰しました。

青森市さいとう接骨院での弾発股の施術法

青森市さいとう接骨院では弾発股に対してカウンセリングをさせていただいた後に、エコー検査にて筋肉、靱帯の損傷状況をモニタリングします。

次に組織の回復を早めるハイボルテージ施術や超音波施術を行ったのちに、ストレッチやアイシング、マッサージも行います。必要に応じてサポーターやテーピングで固定します。弾発股でお悩みの方はぜひ一度、青森市さいとう接骨院へご相談ください!

お問い合わせはこちら/青森市さいとう接骨院

電話番号 017-763-0357
所在地 青森市松森1-5-2